著書・商品

工場のメンタルヘルス  鈴木丈織 著

「製造現場ならでは」の工場スタッフ心理の特徴。
“心の不調”をいかに予防するか、いかにフォローするか!

工場のメンタルヘルスには、特有のものがあります。それは、工場には独得の雰囲気があるからです。工場は基本的に「だれにも褒められない仕組み」になっているということです。
工場には、昨日と同じものが同じようにできあがり、工程が流れて、展開していって当たり前、そのことに何の不思議もない。「個人」より「連携」を基本とする、全員一致の連携体系が前提です。そこで働く人々の助け合い、支援の関係が基本となっています。

「個人がいきいきと躍動できる工場づくり」が、真のメンタルヘルスの目的です。
企業の顧問を長年勤め、製造現場を指導してきた心理学博士だからこその至れり尽くせりの内容です。

第1章 「心の不調」を抱える工場スタッフが増えている
    メンタルヘルステクニック①O
第2章 近年の工場の心理メカニズムとストレス
    メンタルヘルステクニック②よゆうの呼吸法
第3章 新人スタッフへの心理ケア
    メンタルヘルステクニック③AT-1
第4章 中堅スタッフへの心理ケア
    メンタルヘルステクニック④グッパー体操
第5章 現場リーダーへの心理ケア
    メンタルヘルステクニック⑤AT-2
第6章 心の不調者を出さない工場の仕組みづくり
    メンタルヘルステクニック⑥クーパー式呼吸法
第7章 それでも不調者が出てしまったら
    メンタルヘルステクニック⑦ゆらぎ法
第8章 さらに生産性を上げ、技能レベルを高めていくための
            心理アプローチ

 

¥1,800+税 日本能率協会マネジメントセンター

 

 

ご購入お申込みはこちら
工場のメンタルヘルス  鈴木丈織 著