企業向け研修講座

【階層・対象別】

研修名

ね ら い

プログラム

新人社員初期講座
【1日】

 新人のフレッシュさを仕事に生かし、素直な成長を促進できるように、意欲喚起するとともに、具体的な仕事の仕方、お客様対応も含めた好感をもたれるビジネスの基本マナーを身に付けること

①社員の心構え
②新人の仕事
③ビジネス好感マナー
④お客様対応の流れ
⑤仕事の仕組み等

中堅社員講座
【1泊2日+1日】

 知識と経験を知恵に変え、個性を発揮しながら組織文化との調和が図れるように、中堅社員に必要な能力を実践的に身に付ける

①リーダーシップの発揮
②問題解決のメカニズム
③部下指導力
④事業部間コミュニケーション
⑤中間職の役割
⑥チームワーク強化

部長職コーチング
&職場づくり講座
【2日間】 

 ティーチング型とコーチング型の管理の相違、マネージャーとリーダーの相違等、管理職として職場文化の活性化を目指した右記ポイントをより深く身に付ける

①コーチングの原則
②部下の心の法則
③管理者の3役割
④問題解決のメカニズム
⑤職場文化の作り方
⑥マネージメントとリーダーシップ
⑦チームワークと活性力

人事考課訓練
【2日間】

 最新の人事評定基準を正確、詳細に理解促進させること。また、よりよい面談者となるための公平な視点、面談における話し方のスキルを身に付ける

①評定者の価値観
②面談の仕方
③自己申告書からの面談
④報告と修正
⑤よい面談と悪い面談
⑥人事考課の仕組み
⑦効果的な仕事改善

上級管理職メンタル
マネジメント講座
【2日間】 

 社会現象ともなっているメンタルヘルスの現状を把握し、上級管理職に必要なメンタルヘルスマネジメントスキルを学ぶ。特に、部下のメンタルヘルスの守り方、ストレスをパワーに変えるテクニックを身につける

①部下のストレス症状
②ストレスとやる気づくり
③上司のマネージメントタイプと手段
④ストレス指導と予防法
⑤ストレスをパワーにする職場

 

企業のお客様(顧問先経営者など)対象の研修

 研修名

ね ら い

プログラム

経営塾
【6日間】

 自らの力を活用して企業が躍進する道を切り開くことができる経営者・幹部を育てる

①経営着眼点の把握メカニズム
②経営者の「負の連鎖」の打破策
③部下の動機づけ
④顧客拡大のCS
⑤明日を読み切る経営者の極意
⑥組織と個人の評価をする経営者のポイント
⑦企業力維持・強化・再生・躍進・成長のメカニズム

 上記の研修・講座は一例です。

ご要望により、プログラムの組み合わせを変更することも可能です。

状況に合わせてオリジナルプログラムを作成いたしますのでご相談ください。

 

【能力別】

マネジメントスキル

ねらい・特長

対象

 

部下指導マネジメント研修

真の部下指導・支援体制は、
①支持され合う ②感謝し合う 
③共に育成する という3つの自覚を核にすることで、テクニック(技術)・タイミング(適時)・アドバイス(内容)の個性ある最善策が実践できる。
本研修をマネジメントスキルの大前提となる核を体得するためのきっかけとする。

幹部候補

 

 

目標達成マネジメント研修

下記新任管理職が陥りやすい錯覚とミスを解決できる研修とする。
①部下育成の問題点
②自己成長の壁
③環境変化への対応

新任課長

 

 

ベーシックマネジメント研修

下記マネジメントの基本を身に付ける。
①5W2Hの徹底および5S+Sの実践
②報・連・相と確・提
③R→P→D→C→Aのマネジメントサイクル 
④改善の基本 
⑤マネジメントの3法則

係長
課長

 

マネジメントカウンセリング研修

マネジメントカウンセリングの基本姿勢を学び、部下とのよりよい関係に生かす。
OJTによる早期戦力化を学び、組織力の最大発揮を目指す下記のポイントを身に付ける。
①マネジメントカウンセリングの意義
②部下指導の能力を把握する
③OJTの実際
④マネジメントカウンセリングの基本姿勢

上級
管理職

 

目標管理研修

目標管理システムの理解促進および、部下育成のポイントを自覚し、実践できるようにする.

係長
課長

 

人事考課訓練研修

下記について実践的なポイントを身に付ける。
①人事考課の仕組み
②評定者の価値観の自覚
③自己申告書からの面談方法
④報告と修正
⑤効果的な仕事改善

係長
課長

 

組織力アップ研修

組織力を向上させるには、自己啓発力(よりよい自分づくりの自覚)のある人材づくりを目指すことから始まる。下記ポイントを実践的に身に付ける。
①現状を認める自覚化
②プラスに変化させる行動化
③さらによくなるためのプロ意識化
④夢を語るマインド化
⑤自己啓発力を高める総合実践化

係長
課長

 

意欲マネジメント研修

状況の先を読み、周囲への好影響力発揮を意識した適切行動がとれるポイント。仕事を自ら作り出す意欲づくりを身に付ける。
①行動メカニズム
②動機づけの理論
③落胆のメカニズム
④目標達成のメカニズム

新人
主任

 

メンタルスキル

ねらい・特長

対象

 

  部下指導 
  メンタルマネジメント研修

部下のメンタルヘルスをいかに守るかを意識できるように、下記により部下の変化を見逃さないポイント、部下の変化を未然に見極め対処できる指導マインドとテクニックを身につける。
①メディカルメンタルケアとビジネスメンタルマネジメントの相違
②部下のストレス症状
③ストレス指導と予防法
④上司のマネージメントタイプと手段
⑤ストレスをパワーに変える職場づくり

係長
課長

 

セルフメンタルマネジメント研修

ストレスとの付き合い方やリラクゼーションの方法を体験し、日ごろから自分の心の健康は自分で守る(セルフマネジメント)意識をもつ。また、その方法を身につける。
①ストレスのメカニズム
②ストレスとやる気づくり
③自律訓練法

各層

 

リーダーシップ

ねらい・特長

対象

 

部長職コーチング
&職場づくり研修

部下との関係づくりを通して職場を活性化させるための下記コーチングスキルを身に付ける。
①自発性を呼び起こすコーチングスキル
②軌道修正のコーチングスキル
③コーチングによるやる気スイッチ
④本音と建前のコーチング

部長

 

部下育成能力研修
コーチング研修

部下との関係づくりを通して職場を活性化させるための下記コーチングスキルを身に付ける。
①ティーチングとコーチングの違い
②自発性を呼び起こすコーチングスキル③軌道修正のコーチングスキル

係長
課長

 

問題解決リーダー育成研修

下記のポイントにより問題意識の醸成をはかり、さまざまな問題解決実習を通じて問題解決意欲の向上を図る。
①問題意識
②問題解決者の資質
③問題点の把握

係長
中堅

 

コミュニケーション

ねらい・特長

対象

 

面談力向上研修

部下との面談における下記ポイントを身に付ける。
①聞く・話すスキルの向上
②話しやすい雰囲気づくりと話の引き出し方
③説得のポイント

係長
課長

 

折衝力・交渉力向上研修

コミュニケーションの基本を踏まえ、下記を身に付ける。
①WIN-WINの関係づくり
②説得ポイントの発見
③心理的に優位にたつ方法

係長
課長

 

プレゼンテーション研修

説得の目的を達成するためのプレゼンテーションスキルを身に付ける
①話の構成の仕方
②効果的な表現方法、

係長
中堅
クラス

 

   チーム活性化
   コミュニケーション研修

コミュニケーションスキルを磨き、相手との理解ギャップをなくすこと。また、目的と状況にふさわしい自己表現ができることにより、チームを活性化し、職場でのよりよい人間関係を築けるようにする。
①自己表現の3つのタイプ
②好感、親しみやすさのポイント
③ホウレンソウとカクテイ
④話しやすい雰囲気づくりのポイント

各層

 

カスタマーサービス(CS)

ねらい・特長

対象

 

好感マナー研修

接遇の本質およびビジネスマナーの基本を身に付ける。
①好感マナーの重要性
②よりよい人間関係づくりのポイント
③マナー向上ポイントの実践トレーニング

新人

 

実践好感マナー研修

下記のポイントを実践的に身に付ける。
①ビジネスマナーの重要性を好感ポイントから理解し、お客様満足につながる好感マナー
②職員一人ひとりの好感マナーの実践により、職場の活性化につなげ、好影響力発揮意識を高めることがお客様満足につながることを理解する。
③状況に合わせて好感ポイントの優先順位がわかり、適切行動をとれる実践力。

2年目
以降

 

ビジネスマナー研修

《新入社員》即戦力として役立つ新人営業パーソンの育成を目指す。
《中堅以上》これまでの経験と知恵を活かし、仕事において適切行動が取れるビジネスセンスを高めるポイントを意識できるようにする
①社会人としての自覚を促し、社会の代表として恥ずかしくない常識を身につける
②CS活動の基礎となるビジネスマナーを実践的に身につける
③社会に貢献できる仕事の仕方を身につける
④サービス業に従事する真のプロ意識を育成する

各層

 

 

上記の研修は一例です。

研修を組み合わせて、一つの研修にすることもできます。

対象となる受講者や研修の目的等から、ご要望に沿ったオリジナルプログラムを

企画ご提案いたします。

まずはお問合せください。

ホームページのお問合せフォームやお電話等でお承りいたします。