多くの企業が導入を図るメンタルヘルス対策の重要性

人事労務ご担当者様

人事労務ご担当者様におかれましては、個々の能力や個性が充分発揮できる職場環境の構築に日夜尽力されていることと拝察いたします。

言うまでもなく、企業にとって従業員は事業発展拡大に欠くことのできない人的財産です。
ところが、生産設備やOAシステムと異なり人的財産は、人間であるが故に設備投資や最新システムの導入等、ハード面を強化するだけでは解決しない問題を抱えています。

従業員の健康管理は、企業の社会的責任(CSR)の一つとして、最近では多くの企業が対策システムの導入を図っています。消費者、取引先、投資家、地域社会、従業員等の利害関係者(ステークホルダー)に対して、責任ある行動と説明責任を果たすというCSRの考え方は、企業価値を向上させることに繋がります。

また、法令遵守の観点からも労働安全衛生法のみならず、安全配慮義務において従業員の働き方に十分配慮し、個性や能力を活かすことが企業にとって大きな責務となっています。
安全配慮義務の怠りは高額の損害賠償や企業内モラルの低下、対外的な企業イメージの低落等、有形無形で甚大な損失となります。しっかりとしたリスクマネジメントを構築するためにも従業員のメンタルヘルス対策は企業にとって、多大なメリットをもたらすものです。

現在、厚生労働省の労働におけるCSRのあり方に関する研究会において「心身両面の健康確保対策および労働災害防止対策を行い、労働者(従業員)が安心して働ける環境の整備を図ること」の推進が求められており、国を挙げた動きにも発展しています。

私どものメンタルヘルス事業としてEAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)に基づき、生産性阻害の要因となる職場組織の問題提起と究明、改善及び最終クライアントである従業員が抱える健康、結婚、家族、家計、アルコール、ドラッグ、法律、情緒、ストレス等、仕事上パフォーマンスに影響を与える精神面での個人的問題の解決を外部から支援する事業を展開しています。

 

当社の相談システムは

フロー図

右図のように全て精神医学/心理学博士鈴木丈織(Dr.ジョージ)が窓口となり、相談者との2度のやり取りを行った後、相談内容やご希望に応じて専門家等をご紹介して、面談・電話・メール等でご相談を継続します。 場合によっては、有料になることがあります。 完全秘密厳守で対応いたしますので、安心してご利用いただけます。

 

支援業務

2006年3月、労働安全衛生法に基づく健康保持増進措置の実施に関わる「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(新メンタルヘルス指針)が公表されました。 EAP(従業員支援プログラム)は、従業員の心の問題を評価し、相談に応じるだけでなく、企業に対してメンタルヘルス対策のコンサルテーションを行い、企業内メンタルヘルス担当者の育成や教育もその役割としています。 当社では下記内容について支援業務を行っています。

1.教育研修/情報提供の実施

メンタルヘルスマネジメントにおいて「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業健康スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」が適切に行われるように、教育研修/情報提供を行います。 また、事業場内産業健康スタッフを計画的に育成する教育も行います。

2.職場環境等の把握と改善

企業は職場環境等の把握と改善に積極的に取り組み、当社はメンタルヘルス支援が行える環境を整備いたします。

3.メンタルヘルス不調への気づきと対応

個人情報に充分配慮しながら、従業員の家族からの相談を受ける環境づくりやメンタルヘルス不調の従業員を早期発見し、必要に応じて産業医や医療機関につなぐネットワークを整備いたします。

4.職場復帰における支援

メンタルヘルス不調で休職していた従業員が適切に職場復帰できるように支援する体勢を築きます。 復帰支援の手順・内容・関係者の役割等を明確にするシステムを構築します。

 

ご希望に応じたメンタルヘルスプログラム

新人から管理職まで職域に合わせた内容で、1日または2日間を基本とした「メンタルヘルス」プログラムをご提案しています。 日数や研修内容は、お客様のご要望を伺った上でプログラムを作成いたします。

職場活性化のためのメンタルヘルス講座
マイナスはすべて自分自身から生じるもの。障害をプラスの価値に変化させようと意識することが重要です。それがパワーとなり、周囲への好影響力となって職場全体が活性化していくきっかけになるのです。この研修は心を躍動させるポイントを知り、具体的なトレーニングをマスターすることを目的としています。特に、ストレスの多い管理職やリーダーの立場にいる人には、自分自身のリセットや周囲のリフレッシュに繋がる方法を身につけることを目指します。

研修による効果
マイナスを克服し、自分の価値・存在意義を高める意識ポイントが理解でき、価値づくりへの挑戦が意識付けられます。このことにより、組織内で自分の能力を最大限に発揮し、今までに成し得なかった結果を出せるようになります。

テ ー マ 内     容
ストレスのメカニズム ストレスの影響と対処法を知る
パワーとストレスの分岐点 ビジネス現場のストレス源
ストレス度チェック
心の法則と陽転化 現状好転のテクニック
リセット意識
リセットトレーニング 自分に合う方法を見つける(呼吸法・リラックス体験)
さらにセルフパワー
を引き出す
リラックス法をマスターする(自律訓練法の体験)