今週の一言 「夜ごと私たちは死に、~

心の悩みを和らげる

 

5月15日ジョージエッグ⑦コーヒーカップ

「夜ごと私たちは死に、朝ごとに新しく生まれる」

エドワード・ヤング(イギリス、詩人)

 

辛く悲しい思いをしても、夜になると悲しみや苦しみと共に私たちは死に、

次の朝がくれば、昨日の悲しみや苦しみなど知らない人間として新しく

生まれ変わる……。

 

もしそうであれば、人間は、日々新しく生き続けることができます。

 

「天地の始まりは今日が始まり」(北畠親房・後醍醐天皇の重臣)ともいうように、

何事も決心したそのときから新しい人生が始まるのです。

日々、決意を新たにしてゆけば、人生はいつも清新です。

 

毎日が「未知との遭遇」の連続です。

 

5月9日

「希望は強い勇気であり、新たな意志である」

ルター(ドイツ、宗教家)

 

希望さえあれば、どんな境遇にあっても、生き生きとして充実した日々を

過ごすことができます。

将来の計画のために描く夢が “私たちを明るく” し、

夢の実現のために困難に挑戦する勇気が “私たちを強く” してくれます。

 

強い希望をもって自分改革を押し進めましょう。

希望こそが、夢を実現しようとする新しい強靱なひとつの「意志」であり「力」なのです。

  

5月2日

「私の最大の光栄は一度も失敗しないことではなく、

 
 倒れるごとに起きるところにある」

ゴールドスミス(イギリス、詩人・作家)

 

人間は何度となく失敗を繰り返す生き物です。

失敗をしない人間などひとりもいません。

一見ありきたりのことのように感じますが、

「倒れるごとに起きる」ことは、実際は言葉にするほど簡単なことではありません。

 

失敗が大きく、派手に倒れたときほど、再び起きあがることは時間もかかり、

むずかしいものです。

それでも起きあがったときに、やっと何かをつかむことができるものです。

それは失敗を過ぎた後にわかることが多いものです。

ですから、今はたとえ失敗しても、とにかく起きあがることに専念しましょう。

コメントは受け付けていません。