今週の一言 「人間として生きる~

 人生・生き方について考える  Such is life 

3月12日ジョージエッグ⑪スマイル

「人間として生きるということは、

 

他者、ならびに世界との関係を引き受けて生きることである」

パウロ・フレイレ(フランス、哲学史家

 

自分の人生は自分で決めるものです。

しかし、それは何でも好き勝手にやっていいこととは違います。

人間は自分ひとりで生きている訳ではありません。

 

自分、他者、世界との関係において、きちんと筋を通していけば、

いざというとき、たとえば 転職するとき、無理な頼みを取引先にするときなど

環境が変わってもやっていけます。

 

逆に筋を通さず自分勝手にやっていると、

どのような社会に属してもつまらぬ人間になるでしょう。

 

 

2012年3月5日

「道は近くにあり、しかるにこれを遠きに求む」

孟子(中国、思想家)

 

いろいろな情報が飛び交うなか、近くに道があっても、

どの道を行くのがよいのか、どれが本当の道かわかりません。

本当の道を知ろうとするには、現実の社会は忙しすぎ、騒々しすぎます。

 

そんなときには、ひとり新聞もテレビももたないで、自然の声・自分の声に

したがってみるのもひとつの手でしょう。

案外と真実は身近にあるものです。

 

日常生活の出来事の中にも興味をもつように心掛け、感覚を磨きましょう。

鉛筆一本、一動作にもさまざまな見方があるのです。

コメントは受け付けていません。