◇新聞記事:母親への「殺意」と「愛情」

Dr.鈴木丈織の解説 「日刊ゲンダイ」2013年4月6日掲載より

「母子家庭の場合、母親が息子に夫の役割を求め、頼ってしまいがちです。この事件では長男が母親の依存から自分を解放しようと・・・」

「ナイフなどと違って、ボーガンは標的との間に距離があります。長男は母親に殺意を抱く一方で、罪悪感と恐怖を抱いていた。だから・・・」

 

😯 「日刊ゲンダイ」2013年4月6日記事

http://gendai.net/

コメントは受け付けていません。