公開セミナー情報

【震災対応・支援講座】Resilient Pawer 「跳返力」 7月30日

Resilient Pawer 「跳返力」

企業にとって経営を脅かす逆境とは何か?

   突然発生した、想定外の経営活動を抑制するアクシデント 
     (リーマンショック等)

   予想を上回るアクシデントの悪影響の長期化 
     (2/3現象のダメージ※

  ⒊ 経営者・全社員にもたらす心理的ダメージのストレス化 
     (ストレスダメージ)

 今回の地震・津波・放射線・風評・曖昧な政策は、かなりの経済環境
悪化を引き起こし、経営の抑圧や障害をもたらしています。
 この逆境を克服し企業を再生させるためには、個人の「経営力」と
企業の「組織力」が求められます。
 その基本は、逆境を跳ね返す力Resilient Power「跳返力」です。

  ※自分が予想を立てた期間の半分から2/3を過ぎたころから、
    不安や無気力またはストレスが急上昇する心理現象

 『ダメージをパワーに変える やる気スイッチ』の著者Dr.鈴木丈織氏が、
今のダメージを抱えながら復興するためのポイントをお伝えします。

どなたでもご参加していただけます。
左にある「お問合せフォーム」からお申込みができます。

開催日 7月30日(土)13:30~15:00
受講料 3,000円/名(消費税込)
講師 Dr.鈴木丈織 (すずきじょうじ)
会場 株式会社ビジネスラポール 横浜事務所
(JR関内駅北口より徒歩3分)
経営セミナーの詳細資料はこちら
【震災対応・支援講座】Resilient Pawer 「跳返力」 7月30日

講師紹介

Dr.鈴木丈織 (すずきじょうじ)

担当経営コンサルタント

US心理学博士、US医学博士
㈱ビジネスラポール 代表取締役
NPO法人アティスカウンセリング協会 顧問
親学創始者

東京大学法学部卒業後渡米
心理学・精神医学 博士号取得
専門の深層心理学、精神分析学、親学資質学理論等を応用し、よりよい組織関係づくり(実力づくり・顧客づくり・商品づくり・健康づくり)に発展的展開への活用を専門とする。
企業内カウンセリングシステムを樹立。
1983(昭和58)年の第7回世界精神医学学会において、「資質を研けば、すべての能力は顕在化し実力となる」とする資質開発(AQ)の親学理論を発表。
ヴィクトール・フランクル博士に師事。ロゴセラピーを根幹とする実践心理学。
NPO法人アティスカウンセリング協会で親学カウンセラーの育成を行っている。