公開セミナー情報

【第14回奇譚塾】Dr.ジョージの実存心理 2018年2月21日(水)

第14回目の奇譚塾は、2月21日(水)に明治神宮の中に佇む
「桃林荘」で行います。

一番最初の奇譚塾もこの「桃林荘」から始まりました。
大変貴重な建物であり、なかなか中に入ることができない所です。

喧騒から逃れ、静かで厳粛な空気の中で行う奇譚塾です。
是非ご参加ください。

 

第14回「奇譚塾」ご案内 こちら 🙂

 

【奇譚塾参加者の感想】

本日の奇譚塾も大変盛り上がりましたね。誠にありがとうございました。次回も楽しみにしています。

鈴木先生が提唱しておられる「実存改革」は、現在の日本にとり最も重要かつ必要なポイントです。
昨今「働き方改革」が叫ばれていますが、その根本に「実存改革」がなければ、21世紀の日本社会・日本人の活性化はありえません。「人生100年時代」が到来する一方、終身雇用・年功序列システムが崩壊し、技術体系・社会構造・価値観が大きく変わりつつある中で、従来のやり方ではモティベーションを引き出すことはできません。
鈴木先生のお話は、豊富な体験・実例をふまえつつ、世のため人のために役立つ方向性、他者を幸福にする方向性(社会貢献のベクトル)と、自分の可能性に問いかけ、自分の好きなこと、得意なこと、やりたいことをめざす方向性(自己実現のベクトル)をかみ合わせて、自分の存在理由、価値観、居場所、ライフスタイルを明確にし、行動・実践に邁進することを教えてくださっています。このような「実存改革」の考え方と取り組みが定着すれば、一人一人の人生と日本の未来への展望は大きく開けることを確信します。
(元財務副大臣)

 

〝奇譚(きたん)〟とは、「世にも珍しく面白い話。不思議な物語」のことです。

検察への道半ばで「人は、なぜ再犯をするのか?」の疑問を抱いて、私は挫折しました。解決を求め、犯罪心理・精神分析そして実存分析を学ぶため渡米を決行しました。

そんな折り、語学力の貧弱さによる孤立と、大学の死体安置所で亡くなったばかりの子どもから問いかけられる、不思議な体験がありました。

「それならお兄ちゃんは、なんのために生まれてきたの?」

それは強烈な一撃でした。
次々に新たな疑問や課題に襲われて、初めての「うつ」を味わいました。

救ってくれたのは一冊の本と一人の自殺未遂者、そして不思議体験の子どもからの問いかけへの一つの決断でした。

「人は、幸せになるために生まれてきた!」

経営学、社会学と宗教心理学、超心理学、中医気功、易経と、幸せへの周辺科学にまで触れました。

そして多くの先生方(三ケ月章氏・高橋啓悦氏・ケネス クーパー氏・ウ゛ィクトール フランクル氏・焦国瑞氏…)に教授を受けました。

にも拘わらず、未だに目先の障害を乗り越えたつもりにしかなれていません。

瞬間の疑問を曖昧にして分かった気分でも一知半解の状態で、これが精一杯です。
確かなものにする努力をし続けるしかないのです!

真に「奇譚」は実学です!

奇譚の知恵は、科学には成り得ない一理が千変万化の君、一人の個性に適合する技術なのです。

私は、私の奇譚が、共に幸せに生きる力づくりのための、その人の力の支えや閃きにプラスになれるならばと、奇譚塾を開催いたします。

Dr・鈴木丈織

 

開催日 2018年2月21日(水)
11:00~15:30
受講料 32400円(消費税込み)
昼食お茶が付きます。

【年間一括申し込み金額】
 年間6回受講(2月をはじめとする1年間)
  162,000円(消費税込み)《昼食付き》
講師 Dr.鈴木丈織(すずき じょうじ)
会場 明治神宮 桃林荘
経営セミナーの詳細資料はこちら
【第14回奇譚塾】Dr.ジョージの実存心理 2018年2月21日(水)

講師紹介

Dr.鈴木丈織(すずき じょうじ)

担当経営コンサルタント

US心理学博士・US医学博士
・1951年生
・東京法学部卒業後、経営コンサルタント&心理カウンセラーとして活動する
・現在は、実学として科学、未科学の境なく「実践的人間力」の育成と活用を専門とする

【参加者の声】
★元財務副大臣
先生の貴重な実体験と最先端の学理を踏まえたお話はまことに説得力があり、聞いている人の心に強く響くものであることを感じました。
人間の生き方や心のあり方の基本的なところは、すべての活動の根幹をなすものですが、通常の経営コンサルティングではカバーできない blind spot になっていると思います。それだけに実存心理学をベースとする先生のコンサルティングは大変ユニークで貴重なものであり、経営者やリーダーにとってこれからますます必要なものと思います。今日のお話を聞いて先生の考え方が改めてよく理解できたように思います。

★第1回参加 女性
素晴らしい塾で感激致しました。
私自身節目節目で自分自身心のどこかで、問われて悩む事があり、それが自分が何で産まれたのか?生きているのか?私の役割?使命って何?っと節目で問われるんです。
今またちょうど心で問われていて、考えていた事を先生がお話の中でおっしゃりビックリと。そして、私、どこかで先生に言ったのかな?っと思うぐらい心が揺さぶられてしまいました。 
先生のお話は本当に心にささったのと、私の興味のあるとても身になるお話、勉強にとてもなりました!
こんなに素晴らしい塾に参加させていただきました事、感謝いたします。

★第1回参加 男性
きょうは『奇譚塾』に参加させて戴き、ありがとうございました。そうそうたるお顔ぶれで、むしょく透明人間の極楽トンボとしては荷が重い席でした。でも先生のお話は、いつにも増して濃厚で、自分のアタマが整理でき、すっきりしました。お陰様で様々な分野の方とも知り合えました。