今週の一言 「生きるとは呼吸することではない。~ 

ジョージエッグ④牧師9月27日
「生きるとは呼吸することではない。何事かをすることである。」 
ルソー(フランス、思想家)

 もし、いま自分が何をしたいのかわからなくても、“何かをしたい”という強い希望さえもっていれば、その何かを求めてチャレンジし続けることができます。「生きる」とは「何事かをすること」であるとするなら、たとえ、まだその「何事か」がみつからないとしても、何かをみつけようとする強い意志が、あなたの希望を前進させてくれることでしょう。
 
ただ呼吸して生存するのではなく、与えられた人生において自分なりの何かをなすこと、それが生きることの意味なのです。自分の価値は自分でつくりだせるのです。

 

9月20日
「試みのないところに、成功のあったためしは決してない」 ネルソン(イギリス、海軍提督)

 何事も、やってみなければ始まりません。
 私たちは、初めて新しいことに挑戦するときには、どうしても臆病になってしまいます。でも、失敗や試行錯誤を恐れずに、まずは行動を起してみましょう。その結果は、思ったようなものでないかもしれません。あるいは、予想以上にうまくゆくかもしれません。でも、どちらも挑戦してみてはじめてわかることです。どんな大きな成功も、最初は、とにかくやってみることからスタートしたのです。
 成功するフィルターをもち、計画は綿密にして、試みは大胆にやってみましょう。

 

9月13日
「その身働かずして、銭が一文天から降らず、地から湧かず」 井原西鶴(文学者)

 たとえ一文の銭でも、自分で汗して働かなければ天から降ってくることはなく、地から湧いてもきません。原因となる努力があって、はじめて満足のゆく結果が生まれるのです。
 どんなよいアイデアがあっても、それを企画にして実行に移さなければ、それが真に価値のあるアイデアとして認められることはありません。よい結果を生みだすためには、それにみ合った努力が必要なのです。
 満足できるほどの努力をしていますか。

 

9月6日
「高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ!高いところへは他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。」 ニーチェ(ドイツ、哲学者)

 他力本願の気持ちは捨て去りなさい。自分の夢を実現するための具体的な行動は、自分で起こすしかありません。夢は、どこまでも自分の目標であり、決して他人の目標ではないのですから。
  楽をしようとして他人に依存してはいけません。自分は少しも努力しないで、他人の努力した結果だけを手に入れようという虫のよい甘えた考えは、人から疎まれるばかりでなく、結果に対しても無責任になりがちです。
  自立しているだろうか。自分の夢に向かって、自分の足で立ち、歩きだしているだろうか。

コメントは受け付けていません。